UQモバイル

UQモバイル iPhone 6sが値下げ!ワイモバイルよりお得?

「UQモバイルのiPhone 6sが値下げされたけどどうなの?」

「ワイモバイルとUQモバイルのiPhone 6sの価格は?」

UQモバイルのiPhone 6sが値下げされて、
購入を考えている方もいるのではないでしょうか?

では値下げされたiPhone 6sがお得なのかみていきましょう。

UQモバイル iPhone 6sの料金とは?

引用:UQモバイル

UQモバイルのiPhone 6sの端末代金は、
32GBが59,724円で、128GBが72,684円となっています。

iPhone 6sの値下げといっても端末代金が安くなったのではなく、
マンスリー割という割引額が増額されたということです。

そのマンスリー割はプランによって割引額が異なり、
プランSが1,404円プランM・Lが1,944円になります。

ではiPhone 6sの実質負担額はどうなるのか表にまとめてみました。

実質負担額32GB128GB
プランS25,920円38,800円
プランM・L12,960円25,920円

iPhone 6sの32GBをプランM・Lで契約すると実質1万円台で購入することができます

ならプランSを契約するよりもプランMで契約すれば
お得に買えるのではと疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

しかし、プランMはプランSより1,080円高い料金となっており、
iPhone 6sの差額を入れても2年間でプランSより12,960円高くなってしまいます

端末代金が安くなるからといってプランSでピッタリな方が、
プランMを選んでしまうと高くついてしまうということですね。

さてUQモバイルのiPhone 6sの価格を見ていきましたが、
実はワイモバイルでもiPhone 6sの値下げが行われています。

ワイモバイル iPhone 6sの料金は?

引用:ワイモバイル

ワイモバイルのiPhone 6sの端末代金は
32GBが52,380円で、128GBが65,340円となっています。

端末代金をみるとワイモバイルのほうが安く見えますね。
では割引額はというとプランSは1,080円プランM・Lは1,620円となります。
UQモバイルより端末代金は安いものの、割引額は少ないということですね。

そのためiPhone 6sの実質負担額をみてみると、かかる料金は変わらないのです。

実質負担額32GB128GB
プランS25,920円38,800円
プランM・L12,960円25,920円

ではワイモバイルとUQモバイルのどちらで
iPhone 6sを購入したほうがお得なのでしょうか?

プラン内容とサービスをみて比較していきましょう。



UQモバイルとワイモバイル iPhone 6sを買うならどっちがお得?

UQモバイルは5分以内かけ放題のおしゃべりプランと、
60分の通話が無料になるピタットプランの2種類あります。

ワイモバイルはというと通話プランは1種類しかなく、
10分以内かけ放題でそこからデータ量を選ぶ形となります。

では月額料金はどうなっているのかというと、iPhone 6sの
実質負担額のようにUQモバイルとワイモバイルの月額料金は変わらないのです

プランS1,980円
プランM2,980円
プランL4,980円

ですから月額料金が同じで通話無料時間が5分長い、
10分以内かけ放題のワイモバイルがお得といえるでしょう。

またデータ増量になるオプションに関しても、
UQモバイルは手動でチャージしなければいけないのに対して
ワイモバイルは設定さえしてしまえば自動でチャージすることができます

データ増量オプションは2年間無料となっていますが、
毎月手動でチャージしなければならないのは面倒ですよね。
そのためオプションに関してもワイモバイルに軍配が上がるでしょう。

まとめ

UQモバイルではiPhone 6sの
マンスリー割が増額され、実質値下げとなりました。

ですがワイモバイルでも値下げが行われており、
UQモバイルとワイモバイルで買っても料金は変わらないのです。

ではどちらがお得かというと通話無料時間が5分長く、
データ増量オプション適用時に自動でチャージすることができる
ワイモバイルといえるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。