ソフトバンク

ウルトラギガモンスター+家族割の注意点!データシェアもできるの?

ウルトラギガモンスター+はみんな家族割+で
お得に契約することができます。

しかしみんな家族割+の条件を知らないと、
「適用されない!」「割引額が違う」
なんてことになってしまうかもしれません。

ではそうならないためにも
みんな家族割+の条件をみていきましょう。

みんな家族割+は人数によって料金が変わる!

ウルトラギガモンスターを今まで使ってきた方は、
みんな家族割を知っている方も多いのではないでしょうか。

このみんな家族割+は名称が変更されただけで、以前の家族割と大差ありません。

みんな家族割+は家族の契約人数が多いほど
お得になる割引で、ありとなしでは2,00円ほど料金が変わります

人数割引額
2人500円
3人1,500円
4人以上2,000円

ソフトバンクは家族で契約すると
割引が適用されて安く利用できるということでしょう。

ただここでネックとなるのが、
家族が50GBも使うヘビーユーザーなのかということですね。

50GBも使わない人がウルトラギガモンスター+を
利用しても少ししか使わないならコスパは悪く、
他のプランを選んだほうが節約になります。

ソフトバンクは大容量プランしかないのと、
ミニモンスターの従量制プランはコスパが悪いため悩ましいところですね。

他の割引も適用できるなら思い切って契約するのも手ですが、
格安SIMとの値段を比較して検討してみるとよいでしょう。

みんな家族割+の条件は?

ソフトバンクで家族が契約しているからといって、
みんな家族割+が適用されるわけではありません。

ある3つのプランを契約していなければ家族回線としてカウントされないのです。

その3つのプランといのが新料金プランで発表された
ミニモンスターウルトラギガモンスター+ウルトラギガモンスターです。

旧プランのウルトラギガモンスターを使用している方は
ギリギリ家族回線としてカウントされますが、
それ以前のプランを契約している方はカウントされません。

ただ上記の条件を満たしていれば
ソフトバンクの家族条件は特殊で、
同居している友人シェアハウスなどの
仲間と契約しても家族回線としてカウントされます。

また3つのプランで注意する必要があるのはミニモンスターです。
家族回線としてカウントされますが、
みんな家族割+の恩恵は受けられないのです。

ではミニモンスターを契約するくらいなら
ウルトラギガモンスター+をシェアした方が
お得なのではと思う方もいるのではないでしょうか?

ウルトラギガモンスター+はシェア可能なの?

ウルトラギガモンスター+のデータシェアは可能です。
しかしデータシェアプラスでの利用ができるということで、
子回線の機種は限定され、データ回線しか利用することができません。

家族で分け合うことは実質可能ですが、
親回線以外はデータ回線となるのでメリットはないでしょう。

またデータシェアプラスの条件は厳しく、
対象機種でなければ契約することができません。

その対象機種は3種類しかなく
iPadタブレット4GBモバイルWiFiルーターになります。

ウルトラギガモンスタープラスは大容量プランなので
デザリング不要で別端末を利用できるという点ではよいのですが、
家族でシェアするという点で使用するのには無理があるでしょう。

まとめ

ウルトラギガモンスター+のみんな家族割+を
適用させるに3つのどれかのプランに加入しなければなりません。

ただ家族人数が多いほど割引額が増えるので、
家族が50GBを使うヘビーユーザーなら嬉しいことでしょう。

ですが家族回線を増やすためだけにミニモンスターを契約してしまうと、
ライトユーザーでもコスパが悪いプランとなっているので注意したほうがよいでしょう。

その解決策としてウルトラギガモンスター+をデータシェアするという
こともできますが、機種制限があるのとデータ回線しか利用できないので
実用的ではありませんね。

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。