au

新auピタットプランNとは?2年契約Nのプランから割引を詳しく解説!

「新auピタットプランNは何が変わったのか?」

「auの料金プランはどうなっているのか?」

改正電気通信事業法が施行されることにより、
10月1日から新料金プランが登場することになりました。

新料金プランは今までのプランと何が違うのか、
料金はどうなるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

では新料金プランに触れながら何が変わったのかみていきましょう。

auの2年契約Nは料金変わらず違約金1,000円に

引用:au

2年契約Nは月額割引が170円になり、
違約金が1,000円になる割引サービスとなっています。

基本的に料金はそのままで違約金が安くなるということですね。

初期費用やMNP転出手数料も同じままなので、
単純に違約金が安くなったと捉えればよいでしょう。

また2年契約から2年契約Nに無料で変更でき、
契約期間も2020年2月まで引き継がれます。

では2年契約Nで契約できる6つのプランをみていきましょう。

  1. 新auピタットプランN
  2. auフラットプラン7プラスN
  3. auフラットプラン20N
  4. auフラットプラン25NetflixパックN
  5. auデータMAXプラン Netflixパック
  6. auデータMAXプラン Pro

新auピタットプランN

新auピタットプランNは3段階の定額プランです。

一番安いプランとなっていますがコスパは低く、
1GB以上利用する方はauフラットプラン7プラスNがおすすめです。

利用できる割引

  1. 家族割プラス
  2. auスマートバリュー
  3. ケータイ→auスマホ割プラス
  4. 新カケホ割60

auフラットプラン7プラスN

2年契約N家族割プラスauスマート合計
5,480円-1,000円-1,000円3,480円

キャリアの中では珍しい7GBのプラン。

カウントフリー機能がついて速度制限時は300kbps出ます。

  • +メッセージ
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

カウントフリー機能があるLINEモバイルと比較しても
600円しか変わらず、キャリアの中ではかなりお得なプランです。

利用できる割引

  1. 家族割プラス
  2. auスマートバリュー

auフラットプラン20N

2年契約Nauスマート合計
20GB6,000円-1,000円5,000円

月間20GB使える大容量プランですが、
家族割プラスの割引対象外となっています。

そのため家族で契約してもメリットがないプランですね。

またスマホ応援割(-1,000円/1年)がなくなり、
割引が1つ減ったため1,000円高くなってしまいました

追記:10月1日にスマホ応援割20が発表され、
6ヶ月1,000円の割引が適用されるようになりました。

利用できる割引

  1. auスマートバリュー
  2. スマホ応援割20

auフラットプラン25 NetflixパックN

2年契約Nauスマートスマホ応援割プラス合計
7,150円-1,000円-1,000円5,150円

月間25GB使える大容量プランに、
Netflixビデオパスがセットになったプランです。

Netflix(月額800円)+ビデオパス(月額562円)なので、
auフラットプラン20Nで個別に契約するよりお得に視聴できます。

またこのプランも家族割プラスの割引対象外ですが、
スマホ応援割プラスで6ヶ月間1,000円安く利用できます。

旧プランと比較してしまうと割引が6,000円減ったことになりますが、
割引がなくなったauフラットプラン20Nよりはましだといえるでしょう。

利用できる割引

  1. auスマートバリュー
  2. スマホ応援割プラス

auデータMAXプラン NetflixパックN

月間データ容量の上限がなく
Netflixがセットになったプランです。

auフラットプラン25 NetflixパックNと違い、
ビデオパスの月額料金はプランに含まれておりません。

またデータ容量の上限はありませんが、
デザリング・データシェア・国際ローミングは月2GBの制限があります。

そのためデザリングなどをよく使う方には不向きなプランとなっています。

ただauデータMAXプラン Netflixパックから家族割プラスが適用されるため、
auフラットプラン25NetflixパックNより安く契約することができます。

家族で契約していてビデオパスが不要な方なら、
auデータMAXプラン Netflixパックを選ぶのもありでしょう。

適用できる割引

  1. 家族割プラス
  2. auスマートバリュー
  3. スマホ応援割プラス

auデータMAXプラン Pro

こちらも月間データ容量の上限はありませんが、
auデータMAXプラン NetflixパックNより1,100円高いプランです。

ではNetflixパックNと何が違うのかというと、
デザリング・データシェア・国際ローミングが月20GB使えるという点です。

デザリングのためにNetflixを捨てて1,100円多く払うことになるので、
auデータMAXプラン Proを高いと考える方が大半ではないでしょうか。

デザリングが不要な方ならauデータMAXプラン NetflixパックNの方がお得ですね。

auのデータ上限なしプランを契約するなら、

  1. Netflixの代わりにデザリングを捨てる
  2. デザリングの代わりにNetflixを捨てる

どちらを選ぶか迫られることになるでしょう。

適用できる割引

  1. 家族割プラス
  2. auスマートバリュー
  3. スマホ応援割プラス

au 2年契約Nで適用される割引とは

さて新料金プランを紹介してきましたが、
割引についても詳しく触れていくことにしましょう。

  1. 家族割プラス
  2. auスマートバリュー
  3. スマホ応援割プラス
  4. ケータイ→auスマホ割プラス
  5. 新カケホ割60

家族割プラス

引用:au

対象プランを契約している
家族の人数によって割引額が異なります。

auデータMAXプラン Netflixパックは例外で、
契約人数が2人でも割引額は1,000円となります。

割引額
2人500円
3人以上1,000円

家族割プラスの適用条件は2つ。

  1. 同じ住所に住んでいる家族
  2. 対象プランを契約している

auスマートバリューに加入していれば、
離れて暮らす50歳以上の家族は割引対象。

auスマートバリュー

引用:au

家族割プラスと同じく永年続く割引。

各プランの割引額は下記の表になります。

プランデータ量割引
新auピタットプランN~1GBなし
auフラットプラン7プラスN1GB~500円
auフラットプラン20N20GB1,000円
auフラットプラン25 NetflixパックN25GB1,000円
auデータMAXプラン NetflixパックN上限なし1,000円
auデータMAXプラン Pro上限なし1,000円

auスマートバリューの割引を受けるには、

ネットと電話」または「auスマートポート」を契約が必要。

また別の住所に住んでいる家族は、
auスマートバリューの割引を受けられません。

スマホ応援割プラス

大容量プランの割引となっており、
翌月から6ヶ月間1,000円の割引が適用されます。

  • auフラットプラン25 NetflixパックN
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプラン Pro

旧プランのスマホ応援割は全てのプランに適用され、
割引期間が1年と長かったので劣化版の割引といえます。

ケータイ→auスマホ割プラス

引用:au

ケータイからスマホに乗り換えた方が利用できる割引。

1年目は2,000円の割引が適用され、
2年目以降は1,000円の割引がずっと続きます。

ケータイ→auスマホ割プラスの割引を受けるには、
auピタットプランN(S)に加入する必要があります。

専用料金プランであるauピタットプランN(S)は、
旧プランのauピタットプランで5段階の定額プラン

家族割プラスがなくても980円で利用できるので、
2人以下で契約しようと思っている方はこちらがおすすめです。

また+1,000円でカケホに変更可能。

ケータイ→auスマホ割

引用:au

新auピタットプランN向けの割引で、
ケータイからスマホに乗り換えた方が対象。

翌月から1年間、1,000円の割引となっています。

新カケホ割60

引用:au

60歳以上の方を対象にした割引で、
翌月から永年1,000円割引されます。

新カケホ割60の適用条件

  1. 60歳以上
  2. 対象機種(AQUOS sense2 かんたん、BASIO3、LG it)を利用中
  3. 「新auピタットプランN+通話定額」
    または「auピタットプランN(カケホ/s)」の加入
  4. 新カケホ割60に申し込むこと

電話をよく利用する方にはおすすめな割引ですが、
使えるスマホが限られてしまうのが残念なところです。

アップグレードプログラムDX(廃止予定)

引用:au

プログラム料:月額390円x24回

アップグレードプログラムEXの後継となるサービス。

48回払いでスマホを購入して25ヶ月目に機種変更すると、
最大24回分の残額が免除される割引プログラムとなっています。

機種変更する際はスマホの返却が必要なので、
購入するというよりレンタルに近いサービスです。

またアップグレードプログラムDXは回線契約なしでも利用でき
他社の回線を利用している方でもauからスマホを購入できるようになりました。

SIMロック解除は購入から100日経過しないと解除できなかったのですが、
2ヶ月分の端末代金を預り金として支払うことで即日SIMロック解除できます。

同じスマホを4~5年利用している方ならば、
このプログラムを利用するのもありだと思います。

しかしこのプログラムを利用するのは最終手段にしておき、
まだ料金プランやスマホの値引きがどうなるか静観しておいた方がよいでしょう。

総務省と消費者庁から指摘を受けて、
アップグレートプログラムDXは廃止される方向に。

11月に新プランが登場することになり、
利用料の廃止自社回線の利用者のみ対象になる予定です。

auの新料金プランてどうなの?

データ上限なしのプランも速度制限はある

データ上限なしプランの契約者数を増やすためなのか、
既存の大容量プランの割引が減って高くなってしまいました。

auで大容量プランを契約するなら、
auデータMAXプラン Netflixパックなどが良いでしょうね。

ただデータ上限はなくても使いすぎると速度制限にかかります。

1日に20GB使って3日間速度制限にかかった方もいるので、
極端な利用をする方にはおすすめできないプランといえるでしょう。

そのため極端な利用をする方にはFUJI wifiのSIMプランがおすすめです。

月100GBで3,480円月200GBで4,800円のプランがあり、
auのデータ上限なしのプランより安く利用することができます。

最近のスマホはDSDVに対応していることが多いので、
FUJI wifiのSIM+音声通話SIMで運用することをおすすめします。

FUJI wifiをみる

auフラットプラン7プラスNなどは状況によってはあり

auフラットプラン7プラスNは割引が揃っていれば、
格安SIMにも負けないコスパが高いプランとなっています。

au7GB3,480円
LINEモバイル7GB2,880円
LinksMate10GB3,100円

通信速度は速くストレスフリーなので、
格安SIMを契約する前に検討してみるとよいでしょう。

また新auピタットプランNはコスパが低いプランなので、
家族にヘビーユーザーがいないなら契約しない方が良いですね。

まとめ

2年契約の登場で違約金1,000円になり、
乗り換えがしやすくなったのは嬉しいことですね。

ただ既存の大容量プランは高くなり、

  1. auフラットプラン7プラスN
  2. auデータMAXプラン NetflixパックN
  3. auデータMAXプラン Pro

上記3プラン以外はあまりおすすめできません。

データ上限なしのプランももっと使いやすくなり、
家族で契約しなくても安く利用できるプランが出てくることを祈ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。