ソフトバンク

ミニモンスターVSピタットプラン 契約するならどっちが良いの?

ソフトバンクにもauの従量制プラン似た
ミニモンスターという新料金プランが登場しました。

auとソフトバンクの従量制プランではどちらがお得なのでしょうか?
ミニモンスターとピタットプランを比較してみました。

ミニモンスターの月額料金

引用:ソフトバンク

データ量割引あり割引無し
~1GB1,980円3,980円
~2GB3,980円5,980円
~5GB5,480円7,480円
~50GB6,480円8,480円

ソフトバンクの新料金プランで登場したミニモンスター。
従量制プランで上限は50GBとデータ量の幅が広いですね。

割引ありであれば1,980円で利用できますが、
割引なしだと3,980円からの月額料金となります。

通話基本プランは変更できますが、
5分かけ放題の準定額オプションは+500円
24時間通話無料の定額オプションは+1,500円必要になります。

ただミニモンスターはコスパが悪く、~5GBまで
使ってしまうとウルトラギガモンスター+と同じ料金になってしまいます。

auピタットプランの月額料金は?

引用:au

データ量割引あり割引無し
~1GB1,980円3,480円
~2GB2,980円4,480円
~3GB3,480円5,480円
~5GB4,480円6,480円
~20GB5,480円7,480円

auピタットプランも従量制プランとなっています。
auで1,980円となるのはスーパーカケホを選んだ場合のみです。
スーパーカケホは5分以内のかけ放題の通話プランとなっています。

ピタットプランの上限は20GBとなっていてますが、
2GB以上使用するなら大容量プランのauフラットプランを契約したほうがお得です。

ミニモンスターとauピタットプラン契約するならどっちが良いの?

ミニモンスターとauピタットプランを
比較する前に意識してほしいのが大容量プランです。
どちらも2GB以上使うと従量制プランは損しかありません。
これは契約する時に忘れてはいけないことです。

では、ミニモンスターとauピタットプランを比較していきましょう。

まず比較するポイントは通話プランです。

ミニモンスターauピタットプラン
20円/30秒5分以内かけ放題 20円/30秒

ソフトバンクはかけ放題なしの通話基本プランで1,980円
auは5分以内かけ放題のスーパーカケホで1,980円となっています。
通話プランで比較するならauピタットプランの方がお得ですね。

次に比較するのはデータ量ごとの料金です。

データ量auピタットプランミニモンスター差額
~1GB1,700円2,480円780円
~2GB2,700円4,480円1,780円
~3GB3,700円5,980円2,280円
~5GB4,700円5,980円1,280円

auは1,000円ずつ料金が上がっていますが、
ソフトバンクは2,000円ほど一気に上がっています。
auとソフトバンクの~5GBを比較しても1,280円の差があります。

通話プランとデータ量ごとの料金を比較しても
auピタットプランが圧勝する形となりました。

しかしそこまでキャリアに拘る必要はあるのでしょうか?

キャリアから格安SIMという選択肢も

キャリアからデータ量が少ないデータ定額はなくなり、
格安SIMに対抗して大容量プランを打ち出しています。

それに伴いライトユーザーがキャリアで
利用していくには不便となり、今後その流れは変わらないでしょう。

ですから、ライトユーザーの方は格安SIMに乗り換えるべきです。
格安SIMの通信速度に不安を持っている方でも
安心して利用できる通信速度の速い格安SIMはあります。

auならau回線のUQモバイルにしたり、
ソフトバンクならソフトバンク子会社のYmobile、LINEモバイル
乗り換える選択もできるでしょう。

キャリアで損をしてまで利用するか、
格安SIMで快適に利用するかの判断が必要になりますね。

まとめ

ソフトバンクのミニモンスターより
auピタットプランのほうがお得でしたね。
ただキャリア同士で比較した場合は安いということです。

auピタットプランと格安SIMを比較するなら
格安SIMの方が安く、便利な機能がついたものもあります。

キャリアの大容量プラン化はますます進むと思うので、
この機会に是非格安SIMを検討してみるとよいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。