iPhone

docomo withにiPhone6s登場!お得に買えるのか?

「携帯料金は4割下げられる余地がある」
菅官房長官が講演内で上記のコメントをしました。

また携帯料金の引き下げに意欲を示したことから
今後、携帯料金の価格競争は激しくなるでしょう。

さて、この発言の矢先ドコモからiPhone 6sを
docomo with対象端末に追加すると発表がありました。
iPhoneがdocomo withに入るのは初めてとなりますね。

3年前に発売されたiPhone 6sは買い時なのでしょうか?
格安SIM業者と比較して徹底調査していきます。

では、はじめにiPhone 6sのスペックをみていきましょう。

iPhone 6sのスペックとは

引用:Apple

ディスプレイ4.7インチ
重量143g
CPUA9チップ
RAM2GB
カメラ性能メインカメラ1200万画素 f値2.2
インカメラ500万画素 f値2.2
バッテリー容量1,715mAh

スペックは上記の通りになります。

またiOS12にアップデートすることでアプリ起動が最高40%
キーボード表示は最高50%カメラ起動は最高70%
高速化されることが発表されており、
新規ユーザーでも安心して使えるでしょう。

ではiPhone 6sで主な特徴を3つ紹介します。

A9チップ

引用:Gigazine

iPhone 6に搭載されているA8より
CPU性能は70%向上し、GPUも90%向上しました。

またiPhone 6sからメモリが2GBへと増設され、
マルチタスクが快適にできるようになりました。

3D Touch

引用:Apple

iPhone 6sから初めて搭載された機能です。
画面を押す強さによって様々な操作が行えます。
これにより、画面を弱く押し込む「Peek」、
強く押し込む「pop」と新しいアクションが増えました。

LINEを既読せずに確認できたり、
URLのリンク先をプレビューできるなど
3D Touchを使えばiPhoneをもっと便利に使えます。

Live Photos

 

引用:Youtube

iPhone 6sではカメラの高解像度化が進んだだけでなく、
4K動画の撮影に対応し、Live Photosという新機能も追加されました。

Live photosは動く写真を
撮影することが出来る面白い機能です。
写真を強く押すと前後3秒間の動画が再生され、
静止画より情景を鮮明に思い出せるのが魅力的です。

格安SIMでiPhone 6sを買うと?


iPhone 6sを取り扱っている5社と
Appleで購入した場合の料金を比較していきます。

その前に格安SIM業者で販売しているiPhone 6sは2種類あります。
Appleから調達した正規ルート海外版のメーカー認定済製品です。

メーカー認定済製品とは
初期不良があったものをAppleが回収し、修理したものです。
Appleの整備テストは厳しいので、中古品でも安心して使えるでしょう。

また正規ルートで販売しているのは
UQモバイル、ワイモバイル、BIGLOBEモバイルの3社です。
楽天モバイル、mineoメーカー認定済製品となります。

ではiPhone 6sの価格と音声通話SIMを
契約した場合の月額料金をみていきましょう。

MVNO容量実質価格価格データ容量1年目2年目
UQモバイル32GB38,988円59,724円1GB(2GB)3,758円4,838円
128GB51,948円72,684円4,298円5,378円
ワイモバイル32GB39,420円70,524円1GB(2GB)3,758円4,838円
128GB52,380円83,484円4,298円5,378円
楽天モバイル32GB受付中止
mineo16GB在庫なし3GB
64GB64,152円4,303円
BIGLOBEモバイル32GB33,696円60,912円3GB4,028円5,162円
128GB46,656円73,832円4,568円5,702円

上記の表からプラン内容は違いますが
mineoが一番安く購入できるという結果になりました。

ではApple StoreからiPhone 6sを購入した場合はどうなのでしょうか?

Apple Storeで購入した場合は?

Apple Store32GB128GB
iPhone 6s一括54,864円66,744円
分割2,286円/月2,781円/月

Apple Storeでも一括、分割24回払いができます。
ではLINEモバイルの音声通話SIMを契約した場合の月額料金をみていきましょう。

LINEモバイル容量月額料金
1GBプラン32GB3,582円
128GB4,077円
3GBプラン32GB4,111円
128GB4,606円

iPhone 6sの容量は32GBですが、
mineoより月額料金は安くなることがわかりました。

新品の32GBをとるか、メーカー認定済製品の64GBをとるか、
判断に迷うところですが、Apple Storeで購入したほうが自由に
格安SIMを選べるメリットがあるでしょう。

ではdocomo withで購入した場合はどうなるのかみていきましょう。

docomo withでiPhone 6sを買うと?

引用:ドコモ

docmo withは対象端末を購入すると
1,500円ずっと割引されるサービスです。

docmo with対象端末は4万円以下と
低価格なスマホばかりで、今回追加された
iPhone 6sは一番性能が良い機種となっています。

ドコモ容量支払い料金
iPhone 6s32GB一括42,768円
分割1,782円/月

最近のドコモはデータ容量が少ないプランがなくなり
従量制プランが主となりました。定額プランもありますが
20GB、30GBといった大容量プランしか残っていません。

従量制プランは上限に達するまで
速度制限がないので注意する必要があるでしょう。

では一人で買う場合のプランをみていきましょう。

ドコモのベーシックパックで契約する場合

引用:ドコモ

ベーシックパックで契約した場合(最安プラン)

ベーシックパック~1GB~3GB
シンプルプラン1,058円1,058円
SPモード324円324円
ベーシックパック3,132円4,320円
docomo with-1,620円-1,620円
iPhone 6s1,782円1,782円
合計4,676円5,864円

格安SIMで購入するより高い金額となりました。
一人で買う場合はドコモで購入するメリットはあまりないでしょう

ではシェアパックで購入した場合を紹介します。
シェアパックは限定的でありますが、格安SIMよりやすく購入できます。

ドコモのベーシックシェアパックで契約した場合

引用:ドコモ

ベーシックシェアパック(~5GB)を5人で使った場合の表になります。(最安プラン)

代表回線子回線x45回線合計
シンプルプラン1,058円1,058円5,290円
SPモード324円324円1,620円
シェアパック(~5GB)7,020円540円9,180円
docomo with-1,620円-1,620円-8,100円
iPhone 6s1,782円1,782円8,910円
合計8,564円2,084円x416,900円

5人で5GBをシェアすれば16,900円で、一人あたり3,380円となります。
かなり限定的な例になりますが、格安SIMより安く使うことができますね。

シェアパック人数とデータ消費量における
一人あたりの料金を表にまとめてみました。

人数/ベーシックシェアパック~5GB~10GB~15GB~30GB
1人8,564円11,274円14,514円17,754円
2人5,324円6,679円8,299円9,919円
3人4,244円5,147円6,227円7,307円
4人3,704円4,381円5,191円6,001円
5人3,380円3,920円4,568円5,216円
人数/ウルトラシェアパック30GB50GB100GB
1人16,124円18,824円28,544円
2人9,104円10,454円15,314円
3人6,764円7,664円10,904円
4人5,594円6,269円8,699円
5人4,892円5,432円7,376円

Apple StoreよりiPhone 6sは1万円以上安いため、
格安SIMより高い料金プランをカバーしてくれています。
しかし、一人あたりのデータ消費量が増えるにつれ、
格安SIMとの差額が顕著になります。

シェアパックでiPhone 6sの購入を検討している方は
黄色枠を参考にするとよいでしょう。

シェアパックは人数が多ければ、安い料金が実現できます。
こちらは家族限定となっているので、条件はかなり厳しめです。
また一人でも抜けると料金が上がってしまうので、
容易に解約できないのが痛いところです。

ドコモで新規・MNP・機種変更する場合は買いか?

引用:Apple

新規・MNPの場合

新規・MNPでドコモのiPhone 6sを購入するのは得策ではありません。
大手キャリアは新規・MNPを対象に一括0円を実施しています。
(*新規の一括0円もありますが、MNP一括0円より少ないです。)

総務省が実質0円を規制しましたが一括0円は多くあります。

現在、一括0円で主流なのがiPhone 8です。
iPhone 8の上位機種であるiPhone Xも一括0円があったそうです。

ですから新規・MNPの場合は
一括0円を使ってiPhone 8などをゲットした方がお得なのです。

機種変更の場合

機種変更の場合は、先ほど説明した料金となります。
シェアパックを複数人で契約するならお得にiPhone 6sを購入できるでしょう。
しかしドコモに拘りがなければ、MNPした方がメリットは大きいはずです。

ドコモでiPhone 6sを買うのはお得なのか?

通常はドコモでiPhone 6sをお得に購入するには
家族でシェアパックを契約するしかありません。

しかし、他のdocomo with対象端末のように
一括0円となればドコモで購入したほうがお得になるでしょう。

docmo with対象端末はMNPに限らず、
機種変更でも一括0円案件が存在します。
iPhone 6sも一括0円になれば、ドコモで買うほうが断然お得といえます
今後、iPhone 6sの一括0円案件が出ることを期待するばかりです。

iPhone 6s一括0円で購入した時の月額料金

ベーシックパック(~1GB)(~3GB)(~5GB)(~10GB)
月額料金2,894円40,82円5,162円7,322円

 

人数/ベーシックシェアパック~5GB~10GB~15GB~30GB
1人6,782円9,492円12,732円15,972円
2人3,542円4,897円6,517円8,137円
3人2,462円3,365円4,445円4,525円
4人1,922円2,599円3,409円4,219円
5人1,598円2,140円2,788円3,436円

 

人数/ウルトラシェアパック30GB50GB100GB
1人14,342円17,042円26,762円
2人7,322円8,672円13,532円
3人4,982円5,882円9,122円
4人3,812円4,487円6,917円
5人3,110円3,650円5,594円

 

まとめ

docmo with端末に追加されたiPhone 6sは
シェアパックで購入すればお得に購入できます。

またiPhone 6sの一括0円案件が出れば
格安SIM以上に安く購入することができるでしょう。

古いiPhoneを使っている方は
この機会にiPhone 6sに新調するのがよいかもしれませんね。

今後のiPhone 6sに期待が膨らむばかりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。