格安SIM

カウントフリーSIMはどれがいい?詳細とおすすめを紹介!

「カウントフリーSIMはどれを選べばいいの?」

カウントフリーSIMは色々種類があり、
迷われている方もいるのではないでしょうか?

それもそのはず格安SIMごとに
カウントフリー対象サービスは違うので迷ってしまいますよね。

ではどんなカウントフリーSIMがあるのか、
そしてどのカウントフリーSIMがおすすめなのか紹介していきます。

カウントフリーSIMはどのくらいあるのか?

カウントフリーSIMを提供している格安SIM業者は6社あります。
どれもカウントフリーとなる対象サービスが異なり、
格安SIMごとに個性が出るサービスとなっています。

またカウントフリーSIMといってもオプション追加が必要だったり、
オプション申し込み不要で自動適用されるSIMもあるのです。
申し込みは必要だけど、月額0円というカウントフリープションも存在しますね。

では6種類のカウントフリーSIMを1つずつみていきましょう。

オプションいらず?!データフリー機能が組み込まれているLINEモバイル

引用:LINEモバイル

プラン名データSIM(SMS付き)音声通話SIM
LINEフリープラン620円12,00円
コミュニケーションフリープラン1,110円~1,690円~
MUSIC+プラン1,810円~2,390円~

LINEモバイルではカウントフリーではなく、データフリーと呼ばれています。
データフリーは月額料金に組み込まれているので、
オプション追加は不要な格安SIMとなっています。

さてLINEモバイルのデータフリー対象サービスは
プランによって違います。下記の表をご覧ください。

プラン名データフリー対象サービス
LINEフリープランLINE
コミュニケーションフリープランLINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プランLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

コミュニケーションフリープランは4つのSNSが対象であり、
多くの人にメリットがあるのではないでしょうか。

LINEの通信量は少ないのであまり恩恵はありませんが、
通話やビデオ通話をする方にはとても大きなメリットとなるでしょう。
またTwitterやInstagramといった画像が多いSNSでは、
大幅にデータ量を節約することができますね。

ソフトバンク回線の提供も始まり、通信速度も速いと評判
通信速度・カウントフリー機能の両方でおすすめできる格安SIMとなっています。

月額250円からSNSフリーが使えるDMMモバイル

引用:DMMモバイル

データ量データSIM音声通話SIM
3GB~850円~1,500円~

DMMモバイルは月額250円からSNSフリーオプションを追加できます。
カウントフリー対象サービスは、
LINE、Twitter、Facebook、Instagram、Messengerの5つのSNSです。

ただオプション追加するにあたって条件があり、
データ容量3GB以上のプランでないと申し込みができません。

またDMMモバイルのデメリットしてはSNSフリーの通信速度が遅いことです。
SNSフリーオプションを追加しているとSNSのデータ通信だけ別回線となり、
その別回線のデータ通信速度がとても遅いのです。

SNSフリーを追加している人の口コミでも良い意見はありません。
DMMモバイルのSNSフリーはおすすめできないカウントフリーとなっています。

音楽・動画がカウントフリーになるBIGLOBEモバイル

引用:BIGLOBEモバイル

データ量データSIMデータSIM(SMS)音声通話SIM
3GB~900円~1,020円~1,600円~

BIGLOBEモバイルにはエンタメフリー・オプションがあります。
音声通話SIMなら月額480円データSIMなら980円で追加できます。

データSIMだと500円ほど高くなるので、
音声通話SIMの月額料金とさほど変わらなくなってしまいます。
エンタメフリー・オプションを契約するなら音声通話SIMで契約したほうがお得ですね。

またエンタメフリー・オプションは
DMMモバイルのように3GB以上のプランから申込みができます。

BIGLOBEモバイルのカウントフリーの特徴は
音楽や動画配信サービスに特化していることです。
外出先で動画や音楽を聴く方におすすめなカウントフリーですね。

対象サービス
YoutubeGoogle Play Music
Apple MusicAbema TV
SpotifyAWA
radiko.jpAmazon Music
U-NEXTYoutube Kids

ゲーム・動画・SNSと幅広いジャンルがカウントフリーとなるLinksMate

引用:LinksMate

データ量データSIM(SMS)音声通話SIM
1GB~500円~1,110円~

LinksMateはカウントフリーSIMの中で一番、
カウントフリー対象サービスが多い格安SIMとなっています。
ゲーム連携することで特典がもらえるので、ゲーム好きには嬉しいサービスですね。

ただ他のカウントフリーSIMと大きな違いが1点あります。
それはカウントフリー対象アプリの通信量が0ではなく、90%以上オフになることです。
ですからLinksMateではカウントフリー対象サービスであっても、
データ通信量は少なからず発生するということです。

しかし、データ量を使い切っても対象サービスアプリは
高速通信のまま利用できるので他のカウントフリーSIMと遜色なく利用できますね。

ゲーム
アークザラッドRアイドルマスターSideMアイドルマスターSide M LIVE ON STAGE!
アイドルマスター シャイニーカラーズアイドルマスター シンデレラガールズアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ茜さすセカイでキミと詠うあんさんぶるスターズ!
一血卍傑-ONLINE-ウチの姫さまがいちばんカワイイエレメンタルストーリー
オルタナティブガールズオルタンシアサーガガールフレンド(仮)
怪盗ロワイヤル神式一閃 カムライトライブグランブルーファンタジー
グリモア~私立グリモワール魔法学園~剣と魔法のログレス いにしえの女神三国ブレイズ
実況パワフルサッカーShadowverseジョーカー~ギャングロード~
スペースデブリーズセブンズストーリー戦国炎舞-KINZA-
戦国ロワイヤル戦闘摂理解析システム#コンパス千年戦争アイギス
テイルズ オブ ザ レイズ ミラージュ プリズン刀剣乱舞-ONLINE- Poket農園ホッコリーナ
バンドリ! ガールズバンドパーティ!FINAL FANTASY BRAVE EXVIUSプリンセスコネクト! Re:Dive
ポコロンダンジョンズマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝みんゴル
夢王国と眠れる100人の王子様妖怪ウォッチぷにぷに妖怪ウォッチワールド
リネージュ2 レボリューション
コンテンツ
Abema TVAWAenza
OPENREC.tvグランブルーファンタジースカイコンパスGameWith
サイコミ読書のお時間ですファミ通app
ファミ通.comFRESH LIVEMirrativ
AppstoreGooglePlay
SNS
InstagramTwitterFacebook

月額0円で音楽聴き放題になるOCNモバイル ONE

引用:OCNモバイル ONE

データSIMデータSIM(SMS)音声通話SIM
110MB/日~900円~1,020円~1,600円~
3GB~1,100円~1,220円~1,800円~

OCNモバイル ONEは音楽に特化したカウントフリーです。
MUSICカウントフリーの申込みは必要ですが、月額料金は0円となります。

またカウントフリー対象サービスは7つと
多くの音楽配信サービスが聴き放題となっています。

一つデメリットを挙げるとしたら、OCNモバイルの料金が高いことです。
OCNモバイル ONEはスマホが安く購入できるため、
スマホセットならお得に契約できるのでそこが残念なところです。

ただ他の格安SIMのカウントフリーオプションは月額500円ほどするので、
MUSICカウントフリーの月額0円をどう捉えるかで変わってくるでしょう

データフリー対象
amazon musicAWAdヒッツGoogle Play Music
SpotifyひかりTVミュージックレコチョクBest

Twitterや動画が見放題になるDTI SIM

引用:DTI SIM

プラン名SIMの種類月額料金
20’SIM音声通話SIM(7GB)3,980円
データSIM(7GB)2,880円
DTI見放題SIMデータSIM(7GB)2,430円

DTIのカウントフリーはDTI見放題SIM20’SIMの2種類あります。
20’SIMのほうがカウントフリー対象サービスは多いですが、
月額料金も高くなります。

DTI SIMのデメリットとしては、データ量が選べないこと、通信速度が遅いことです。
データ量は7GB固定で、DTI見放題SIMに関してはデータSIMしかありません。

通信速度も朝は速度が出ますが、昼と夜にかけて
他の格安SIMと比較して速度が出にくくなっています。

TwitterとYoutubeは見放題ですが、
他のカウントフリーSIMを検討したほうがよいでしょう。

プラン名カウントフリー対象
DTI見放題SIMTwitterYoutubeマイナビ
20’SIMTwitterYoutubeマイナビradiko.jp

カウントフリーSIMはどれがいいの?

SNSで選ぶならLINEモバイル

SNSをよく利用する方にはLINEモバイルがおすすめです。
DMMモバイルは、Messengerもカウントフリー対象となっていますが、
SNSの通信速度が遅いのでLINEモバイルに軍配が上がります。

またLINEモバイルのソフトバンク回線は提供されたばかりで、
通信速度も速いので通信速度を重視する方にもおすすめですね。

音楽・動画で選ぶならBIGLOBEモバイル

音楽・動画を選ぶならBIGLOBEモバイルです。
動画と音楽のデータ通信量はかなりかかるので、
両方がカウントフリー対象となっているのは大きな魅力ですね。

また最近の情報によると一時的かもしれませんが、
BIGLOBEモバイルのau回線が速くなっているようです。

ゲームアプリでよく遊ぶならLinksMate

ゲームをするならLinksMate一択ですね。
SNSや動画配信サービスもカウントフリー対象サービスになっているので、
ゲームやアニメ好きな方におすすめな格安SIMです。

ゲーム連携でプレゼントが貰えるばかりでなく、
大容量プランもコスパが良いのが魅力的なところです。

まとめ

格安SIMのカウントフリーはいかがだったでしょうか?
カウントフリーSIMを有効活用すればデータ量だけでなく、
月額料金も節約できてしまうお得なSIMとなっています。

ただカウントフリーの対象サービスは限られるので、
あまりメリットにならない方もいるのではないでしょうか?

そんな方には大容量プランがおすすめです。
データSIMで20GBを2,400円で利用できるとてもコスパが良いSIMがあります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。